足底筋膜炎の対応

昨日、からだ再生堂(鍼灸院)で足底筋膜炎のケアを行いました。最近、時々歩行中に右踵が痛くなるという訴えでした。圧痛部位を確認すると足底筋膜停止部の踵骨付着部付近で、本人の主訴の部位と一致しました。足関節背屈可動域は、膝伸展位で右の可動域制限がありました。また、そのためにtoe-outして、内側縦アーチを沈んでいました。足底筋膜は、母趾外転筋と滑走不全を生じて、遠回りの走行を取っていました。以上より、腓腹筋とヒラメ筋と足底筋の滑走不全改善と足底筋膜と母趾外転筋の滑走不全改善を目的にファシアケアを実施しました。ファシアケア後、足は軽くなったようです。歩行中に痛みが出るかどうかは、経過観察していきます。

関連記事

PAGE TOP