中学生サッカー選手の脛の痛みのその後

からだ再生堂(鍼灸院)に来店された中学生サッカー選手のその後です。整形外科を受診して、結果的には疲労骨折でした。この診断よりも、疲労骨折をしていた部位に驚かされました。本人が訴えていた部位(脛骨内側縁遠位1/3)ではなく、脛骨骨幹部前縁でした。いわゆる跳躍型の疲労骨折になります。本人の訴え以外の部位もルーチン化してチェックする必要があると痛感させられました。

関連記事

PAGE TOP