投球動作における首の位置の重要性・

からだ再生堂(鍼灸院)では、野球選手のパフォーマンス向上も実施しています。今回は、投球動作における首の位置の重要性に関して考えてみたいと思います。パソコン作業で首が前に出たまま行う、スマホを首が前に出たまま長い時間操作すると肩甲骨がきれいに動かなくなります。子供の野球肘と長時間のスマホ操作に関連性があるデータも発表されているくらい、投球動作や投球障害に関わる1因子と考えられます。首が前に出ると頭の重みを支えようと首の後ろの組織が緊張します。首の後ろの組織の1つに肩甲挙筋という筋肉が存在します。もちろんこの肩甲挙筋も緊張するわけですが、この筋肉が緊張すると肩甲骨が挙上し(肩をすくめた状態)、肩甲骨の回転中心がずれて、きれいに回転することができなくなります。この肩甲骨に異常運動が生じると、肘下がりの1要因になったり、投球障害を引き起こす1要因になります。首の位置を修正して、投球動作をするとスムーズに腕が上がる感覚があるのは、このためです。

関連記事

PAGE TOP