医師との連携が必要であった肩関節周囲炎

今回は、当鍼灸院のケアだけでは、前進できなかった肩関節周囲炎の方を紹介させて頂きます。60歳女性で右肩の痛みでケアを実施していました。バトミントンが大好きで週に2~3回は行っていました。1年前のあるとき肩が痛くなりました。自分なりに考えて、肩を痛くても我慢して動かした方が良いと考えて、痛いのを我慢して動かしているうちに肩が動かなくなりました。さらにふとした動作で激痛が走り、肩が上がらなくなりました。最初に見たときの状態は、挙上は90度以上動くのですが、腕をおろした状態で外側や内側にねじる動作を行うとかなりの痛みが三角筋に生じていました。三角筋滑液包の癒着があると推測して、三角筋滑液包のファシアケアを行うも痛みは変化しませんでした。腕をねじりながらファシアケアをするとかなりの抵抗が指先に感じられて痛みが増強したこと、スリーパーポジションで同じように三角筋の部分に痛みを生じていたことから、関節包の縮小があり、関節包が広がろうしたときに関節内圧が高まり、最終的に余裕がある三角筋下滑液包に逃げ込んだのではと推測しました。肩の専門医に状況をお話して、対応して頂きました。実施したことは、関節内に麻酔薬が入った液を注射して、少しでも関節内の容量を広げようとする目的で実施されました。注射を関節内にする際に、関節内圧が強くて、なかなか液が関節内に入っていかなったようです。その後は、三角筋下の痛みは全くなくなり、可動域も広がり、ふとした動作の激痛はなくなりました。また、腕をねじった時ファシアケアを実施しても三角筋下の抵抗は全くなくなりました。痛みで困っている方のためには、我々の対応が限界と感じたときには、次の一手を早めに考えてあげることが重要であると改めて考えさせられる事例でした。

関連記事

PAGE TOP