膝の半月板縫合術後1年経過しても膝が伸びない?

膝の半月板縫合術後1年経過しても膝が伸びない方が来られました。内側広筋、外側広筋に委縮が見られ、大腿直筋が優位な状況でした。直筋が優位なために膝のお皿の下が浮き上がり、少し負荷のかかった運動をすると膝のお皿の下が痛くなることが度々ありました。膝が伸びない主な原因は、膝のお皿とすねの骨をつないでいる腱の下にある脂肪と腱がくっついていることでした。ここで活躍するのが、当鍼灸院の売りであるファシアケアです。腱と脂肪の膜との滑りを良くします。ファシアケア後、膝が伸びるようになりました。膝が曲がったまま、歩くと脂肪が腱とこすれて、慢性的に炎症を起こし、さらに膝が伸びなくなります。そこで、ファシアケア後、膝を伸ばして歩く指導をしました。この歩行の習慣がとても大事で、この習慣を守るだけで悪循環がだいぶなくなります。

関連記事

PAGE TOP